過去問題にチャレンジ!

次の文章は正しいか、誤りか?

任意継続被保険者の標準報酬月額は、変更されることはない。(健保:平成10年出題)


回答はこちらへ

2009年05月26日の社労士関連記事

厚生省分割案、首相構想が明らかに

平成21年5月26日(火) 朝刊 4面

<記事の内容>
麻生太郎首相が検討している厚生労働省分割の基本構想が25日、明らかになった。
首相構想では年金、医療、介護を担当する社会保障省に現行の年金局、医政局、保険局などをそのまま移すとした。
国民生活省には現行の職業安定局などを移管。
さらに雇用均等・児童家庭局を改組し内閣府や文科省からの組織を統合、少子化・児童局と男女共同参画局の二局を新設する。
今秋にも内閣府に設置する予定の消費者庁についても、国民生活省の外局に位置付けるとした。

<今回の社労士受験キーワード>
厚生労働省、年金局、職業安定局

<学習のポイント>
まだ首相構想の段階ですが、厚生労働省の分割案が提示されました。
大まかに分類すると、
 旧厚生省管轄 → 社会保障省
 旧労働省管轄 → 国民生活省
といった感じです。

気になるのは名称(略称)。
 社保省(シャホショウ)
  社保庁と似ていて紛らわしい?
 国生省(コクセイショウ)
  なんの役所か分かりにくい?
厚生・労働という言葉が使われなくなるのは、社労士としては寂しい限りです。

posted by 社労士KAZU at 09:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会保険に関する一般常識
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。