過去問題にチャレンジ!

次の文章は正しいか、誤りか?

任意継続被保険者の標準報酬月額は、変更されることはない。(健保:平成10年出題)


回答はこちらへ

2009年07月24日の社労士関連記事

学習塾の校長、管理監督者を否定

平成21年7月24日(金) 朝刊 34面

<記事の内容>
学習塾「学樹舎」を運営する学樹社が、各校舎の校長などを管理職とし、時間外手当を支払わないのは不当として、元校長ら2人が同社に未払い分の支払いなどを求めた訴訟の判決で、横浜地裁は23日、同社に計約1,000万円の支払を命じた。

<今回の社労士受験キーワード>
時間外手当、管理監督者

<学習のポイント>
労働基準法では、管理監督者に労働時間、休憩及び休日に関する規定は適用されません。

労働基準法 第41条
 この章、第六章及び第六章の二で定める労働時間、休憩及び休日に関する規定は、次の各号の一に該当する労働者については適用しない。
 一  別表第一第六号(林業を除く。)又は第七号に掲げる事業に従事する者
 二  事業の種類にかかわらず監督若しくは管理の地位にある者又は機密の事務を取り扱う者
 三  監視又は断続的労働に従事する者で、使用者が行政官庁の許可を受けたもの

労働者が管理監督者に当たるかどうかの判断を巡り、多くの判例がでています。
また、行政通達でも判断の基準が示されていますので。一読することをオススメします。

posted by 社労士KAZU at 09:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 労働基準法
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/124392175

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。