過去問題にチャレンジ!

次の文章は正しいか、誤りか?

任意継続被保険者の標準報酬月額は、変更されることはない。(健保:平成10年出題)


回答はこちらへ

2009年07月26日の社労士関連記事

ワークライフバランスへの取り組み企業への支援強化

平成21年7月26日(日) 朝刊 3面

<記事の内容>
政府や地方自治体がワークライフバランス(仕事と生活の調和)に取り組む企業の支援を強化している。
自治体の間でも助言・相談業務などを通じ、企業の取り組みを支援する動きが広がっている。
東京都足立区は08年度から、社会保険労務士や経営コンサルタントを地元企業に派遣。
無駄な業務の削減や就業規則見直しなどを助言している。

<今回の社労士受験キーワード>
ワークライフバランス、社会保険労務士、就業規則

<学習のポイント>
ワークライフバランスというと、育児休業の推進というイメージがあるようです。
実際は、育児休業を含めた様々な生活と仕事の調和を進める活動です。

仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)憲章
 仕事と生活の調和が実現した社会とは、「国民一人ひとりがやりがいや充実感を感じながら働き、仕事上の責任を果たすとともに、家庭や地域生活などにおいても、子育て期、中高年期といった人生の各段階に応じて多様な働き方が選択・実現できる社会」である。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/124392867

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。