過去問題にチャレンジ!

次の文章は正しいか、誤りか?

任意継続被保険者の標準報酬月額は、変更されることはない。(健保:平成10年出題)


回答はこちらへ

2006年10月02日の社労士関連記事

年金保険料徴収、民間が低コストで達成

10月1日(日) 朝刊 1面

<記事の内容>
年金の保険料徴収を民間企業にゆだねて社会保険庁の実績と競う市場化テストのモデル事業で、「民」が「官」の徴収実績を上回る見通しとなった。
民間が官と同じ以上の仕事を低コストで実現したことで、社会保険庁の業務の民間委託の拡大を促す声が強まるのは必死だ。

モデル事業で民間の優位性がはっきりしたことで、保険料徴収の民間委託を増やし、機構の人員を減らすことが検討課題となりそうだ。
ただ、モデル事業では国家権力を背景にした強制徴収などは「公務員にしかできない仕事」として対象になっていない。
官と民との役割分担の線引きが難しいため、保険料の徴収を税の徴収と一体化する案もあり、市場化テストの結果はこうした議論にも影響しそうだ。


<今回の社労士受験のキーワード>
年金保険料徴収 強制徴収<学習のポイント>
珍しく1面に記事が出ているな、と思って見てみると、何かと話題にのぼる社会保険庁がネタでした。

年金保険料の徴収率が7割を切っている現状、民間委託で徴収率があがるのなら、いいことかもしれませんね。
しかも、低コストで済むというのですから。

この記事がお役に立てたらクリックをお願いします → 人気blogランキング


ここからは社労士受験生の方向けの内容です。

強制徴収

督促
保険料を滞納する人に対して、社会保険庁長官は、期限を指定して督促することができます。
この督促する期限は、督促状を発した日から起算して10日以上を経過した日でなければなりません。

滞納処分
督促状がきても保険料を納付しない場合、滞納処分が行うことができます。

滞納処分の方法は2通りあります。
@ 国税滞納処分の例によって処分する方法
A 滞納者の居住地、滞納者の財産所在地の市町村に対して処分の請求を行う方法

posted by 社労士KAZU at 00:52 | Comment(1) | TrackBack(2) | 国民年金法
この記事へのコメント
TBありがとうございます。
こちらからもTBさせていただきます。
Posted by からくり星 at 2006年10月03日 22:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

訪中訪韓から戦争のできる”美しい国”へ
Excerpt: 安倍総理が8日訪中、9日訪韓して、中韓両国との首脳会談に臨むということや。 小泉政権5年半で冷え切った東アジア外交に精を出してくれるんは有り難いことや。しかし、これもただの選挙戦略でしかないんちゃう..
Weblog: 言わせてもらおかな ??からくり星から愛を込めて??
Tracked: 2006-10-03 22:42

ノーベル医学生理学賞は「RNA干渉 (RNAi)」
Excerpt: 本日のネタは、もう、これしかないよね。Office Oh!NO のブログなんだか
Weblog: マリンパの雑感
Tracked: 2006-10-09 22:05
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。