過去問題にチャレンジ!

次の文章は正しいか、誤りか?

任意継続被保険者の標準報酬月額は、変更されることはない。(健保:平成10年出題)


回答はこちらへ

2006年11月13日の社労士関連記事

年金の離婚分割、問い合わせ1ヶ月で6000件

11月12日(日) 朝刊 3面

<記事の内容>
社会保険庁が離婚時に厚生年金の分割制度によって相手からいくら分けてもらえるかを通知するサービスを10月から始めたところ、1ヶ月で来訪や電話など6000件を超える相談があったことが分かった。
窓口を訪れた人のうち約8割が女性だったという。


<今回の社労士受験キーワード>
社会保険庁、離婚時の厚生年金の分割制度


<学習のポイント>
年金の離婚分割は、関心の高い話題のようですね。
熟年離婚する夫婦が増えている状況を考えると、当然なのかもしれませんね。

さて、今回は年金の離婚分割制度をとりあげます。
実は、年金の離婚分割制度は2種類あります。

1. 離婚分割(平成19年4月施行予定)
2. 3号分割(平成20年4月施行予定)

この2つ、何が違うのでしょうか。
大きな違いは次の3点です。

1.請求する人
離婚分割 当事者の一方。夫、妻どちらでもよい、ということです。
3号分割 第3号被保険者。妻のみとなります。

2.対象期間
離婚分割 施行日(平成19年4月1日)以前を含む
3号分割 施行日(平成20年4月1日)以後に限る

3.分割の取り決め方
離婚分割 当事者双方の話し合いで按分割合を決める
3号分割 第3号被保険者のみで可。第2号被保険者の合意は不要。

細かい違いはたくさんありますが、この3点を押さえておけば、違いは分かりやすくなると思います。

ちなみに、来年受験の出題対象となるのは、『離婚分割』です。
混同しないように気をつけましょう。



posted by 社労士KAZU at 14:02 | Comment(1) | TrackBack(4) | 厚生年金保険法
この記事へのコメント
TBありがとうございます。

日本市場に影響力の大きい米国市場の
データを毎日配信しています。

またきてください。
Posted by ぢゃむ at 2006年11月15日 16:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

2006年度社労士試験、合格率は 8.5%
Excerpt:  第38回(2006年度)社会保険労務士試験の合格者が11月10日発表されました
Weblog: 年金・継続雇用・人事・労働 の ブログ
Tracked: 2006-11-13 19:59

年金加入履歴の通知が早まります‥
Excerpt: 昨日は記事お休みで失礼致しました‥ その昨日の報道によりますと、社会保険庁は、3
Weblog: 神戸初!常識を覆す賃金コンサルタント
Tracked: 2006-11-13 23:25

社労士連合会からの「プレゼント」
Excerpt: 社労士試験に合格された皆様、あらためて合格おめでとうございます。受験学校に通っていた場合は、学校によって合格祝賀会があるので、それを楽しみに苦しい勉強を頑張ってきた方も多いと思います。私の場合は赤坂プ..
Weblog: 「ゴーゴー社労士」の日々のつぶやき
Tracked: 2006-11-14 12:28

夫婦喧嘩というのは、妻が起こすらしい
Excerpt: <雑記帳>先に怒るのは妻、先に謝るのは夫 夫婦げんか調査  ◇夫婦げんかで先に謝るのは夫――。第一生命経済研究所のアンケートで、現代夫婦のそんな実情が浮かんだ。  ◇対象は、全国の30??60..
Weblog: 滑稽本
Tracked: 2006-11-14 17:44
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。