過去問題にチャレンジ!

次の文章は正しいか、誤りか?

任意継続被保険者の標準報酬月額は、変更されることはない。(健保:平成10年出題)


回答はこちらへ

2007年01月17日の社労士関連記事

「日本版ホワイトカラー・エクゼンプション」の法案提出を断念

1月17日(水) 朝刊 1面

<記事の内容>
安倍晋三首相は16日夜、一定条件を満たす会社員を労働時間規制から外す「日本版ホワイトカラー・エクゼンブション」を導入するための労働基準法改正案について「現段階で国民の理解が得られているとは思わない。働く人たちの理解がなければうまくいかない」と延べ、25日召集の通常国会への提出は困難との認識を示した。


<今回の社労士受験キーワード>
労働時間規制、日本版ホワイトカラー・エクゼンプション、労働基準法改正案



<学習のポイント>
昨年から話題の「日本版ホワイトカラー・エクゼンプション」ですが、今回の通常国会への法案提出は行わないようです。

理由は選挙対策のようです。
「日本版ホワイトカラー・エクゼンプション」は、民主党が「残業代ゼロ法案」として攻撃の的にしています。

加えて、マイナスイメージが先行している点もあるでしょう。
マスコミ報道を見ていると、「サラリーマンの残業代がなくなります」という1点にポイントが絞られているようです。
この制度の対象者は非常に限られており、報道されているような劣悪な労働環境にはならないのではないか、と私は思っています。

いずれにせよ、今年の受験には影響はないと思いますが、頭の片隅には置いておいたほうが良いのではないでしょう。

posted by 社労士KAZU at 08:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 労働基準法
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。