過去問題にチャレンジ!

次の文章は正しいか、誤りか?

任意継続被保険者の標準報酬月額は、変更されることはない。(健保:平成10年出題)


回答はこちらへ

2007年02月27日の社労士関連記事

メタボリック症候群の減少目指し、罰則導入検討

2月27日(火) 朝刊 1面

<記事の内容>
厚生労働省はメタボリック(内臓肥満)症候群の患者・予備軍の減少率を、健康保険組合や国民健康保険など各健康保険の保険財政に反映させる仕組みをつくる検討に入った。
一定期間内の減少率が国の基準に達しなかった健保に対し、高齢者医療を支えるために各健保が拠出する負担金を増額する。


<今回の社労士受験キーワード>
厚生労働省、健康保険組合、国民健康保険


<学習のポイント>
メタボリック症候群対策として、かなり強気な政策を打ち出してきたな、という感じの記事です。

私は会社員時代に不規則な生活のために、メタボリック症候群予備軍になっていた時期があります。
健康診断で肥満度が増したため、精密検査を言い渡されました。
精密検査でCTエコーを始めて体験したのですが、腹に溜まった分厚い脂肪の塊に愕然としましたね。
医者からは「運動してください」と言われましたが、毎日長時間残業だった会社員時代には結局そのままにしていました。

社労士受験を機に会社を辞めてから、思い切ってジョギングを始めたことが功を奏して減量に成功しました。
この減量の成功が、長期の社労士受験の勉強を進めるにあたって、自信がついたことを今でも覚えています。

さて今回の記事では健保組合に組合員の健康状態を把握せよ、という厚生労働省の指示のようです。
組合員のメタボリック症候群が減少しなければ、老人保健拠出金を増額するぞ、という脅しみたいなものですね。

老人保健拠出金が増額になれば、保険料は上昇しますから、「個人の生活習慣が原因のものを、企業の責任にするのはおかしいのではないか?」という声が企業から出そうな内容ですね。

増大する老人保健医療費を、このような形で補う発想は面白いのですが、はたして実現できるのでしょうか。

posted by 社労士KAZU at 08:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康保険法
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/34784770

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。