過去問題にチャレンジ!

次の文章は正しいか、誤りか?

任意継続被保険者の標準報酬月額は、変更されることはない。(健保:平成10年出題)


回答はこちらへ

2007年03月11日の社労士関連記事

労基法改正案、残業代割増率を明記

3月9日(金) 朝刊 5面

<記事の内容>
厚生労働省は長時間労働を減らすための残業代割増率の引き上げについて、今通常国会に提出する労働基準法改正案に「月80時間を越える残業に50%以上の割増率」という具体的数値を明記することを決めた。


<今回の社労士受験キーワード>
厚生労働省、残業代割増率


<学習のポイント>
このブログでも何度も取り上げている労基法改正案の法案が大詰めとなってきました。

この残業代割増率については、法律に数値を盛り込まず、政省令で定める予定でした。
法律に明記することで、強制力を増すことを狙っているようです。

残業代以外には、年次有給休暇の時間単位取得も盛り込まれるようです。


関連記事

残業代割増法案、中小企業への経過措置案浮上

「日本版ホワイトカラー・エクゼンプション」の法案提出を断念

残業代の新制度案、割増率を3段階へ

posted by 社労士KAZU at 01:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 労働基準法
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。