過去問題にチャレンジ!

次の文章は正しいか、誤りか?

任意継続被保険者の標準報酬月額は、変更されることはない。(健保:平成10年出題)


回答はこちらへ

2007年06月18日の社労士関連記事

学生時代の国民年金記録、基礎年金番号への統合漏れ発覚

6月18日(月) 朝刊 1面

<記事の内容>
4年制大学を卒業して1992〜1996年に就職した会社員の大部分で、大学時代の国民年金の加入記録が基礎年金番号に統合されていないことが明らかになった。
学生時代に払った国民年金の記録が、就職後に加入した会社の厚生年金の記録につながらず、約5,000万件のさまよう年金記録の一部になっている。


<今回の社労士受験キーワード>
国民年金、基礎年金番号、厚生年金


<学習のポイント>
記事にある1992年〜1996年の間に就職した人とは、当時改正された国民年金の加入対象者の要件と関係があります。
平成3年(1991年)4月1日以降は、20歳以上であれば学生であっても国民年金への加入が義務付けられました。
当時は基礎年金番号が導入されていなかったので、国民年金と厚生年金で別の番号が振られていました。

この期間に該当する人は、オレンジ色の年金手帳を持っているはずです。
オレンジ色の年金手帳は、国民年金と厚生年金で別の番号が記載されています。
基礎年金番号に統一された平成9年(1997年)以降は、青色の年金手帳に変更されています。
青色の年金手帳は、基礎年金番号しか記載されていません。
記録漏れの可能性のある人は、社会保険事務所に行って確認をするといいかもしれません。


今回の過去問
次の文章は正しいか、誤りか?

昭和36年4月1日から平成3年4月1日前の間に20歳以上60歳未満の学生であったものが、当時任意加入であったため加入していなかった期間は合算対象期間とされる。(国年)

答え 正しい

上記のとおり、20歳の学生が国民年金への加入が義務となったのは、平成3年4月1日以降となります。
なお、合算対象期間とは、老齢基礎年金の受給資格期間を計算するときに使われる、みなし期間のことです。
みなし期間なので、年金額の計算には含まれません。

posted by 社労士KAZU at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国民年金法
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/45407286

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。