過去問題にチャレンジ!

次の文章は正しいか、誤りか?

任意継続被保険者の標準報酬月額は、変更されることはない。(健保:平成10年出題)


回答はこちらへ

2007年11月05日の社労士関連記事

年金の離婚分割、3/4が女性からの請求

11月5日(月) 朝刊 5面

<記事の内容>
4月に始まった離婚による年金分割制度の請求が、9月までの半年で4049件あったことが社会保険庁の調べで明らかになった。
女性からの請求が3069件と全体の4分の3を占めた。


<今回の社労士受験キーワード>
年金の離婚分割


<学習のポイント>
今年の4月から施行された年金の離婚分割は、施行前から話題になっていました。
当ブログが発行する「社労士受験生のためのメルマガ」の創刊号は離婚時の年金分割を取り上げました。

年金の離婚分割のポイントは、
1. 分割できるのは厚生年金だけ(国民年金は対象外)
2. 離婚分割(平成19年4月1日施行)と3号分割(平成20年4月1日施行)の2種類ある
3. 夫、妻双方の厚生年金を分割する(夫だけを分割するのではない)
ということが挙げられます。

記事では、離婚分割の請求が4049件あったそうですが、年間どのくらいの夫婦が離婚しているのでしょうか。
厚生労働省が毎年行っている「人口動態統計」に答えがあります。
平成18年のデータが最新のものとして公表されています。

平成18年の離婚件数は257,484件ありました。
これは年間の数値なので、半年の離婚件数を2で割って仮定します。(128,742件)
すると、離婚した夫婦の3.1%が離婚分割請求をしていることになります。
こうしてみると、離婚分割はまだまだ利用者が少ないのかな、という気がしますね。

posted by 社労士KAZU at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 厚生年金保険法
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/68818585

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。