過去問題にチャレンジ!

次の文章は正しいか、誤りか?

任意継続被保険者の標準報酬月額は、変更されることはない。(健保:平成10年出題)


回答はこちらへ

2006年11月09日の社労士関連記事

自由度高い労働時間制 厚労省が導入案提示へ

11月9日(木) 朝刊 1面

<記事の内容>
厚生労働省は10日に開く労働政策審議会(厚労相の諮問機関)で、労働時間規制を大幅に緩和する「自律的労働時間制度」について健康管理強化などを条件に導入する案を提示する。
「労働強化につながる」とする労働組合側にも配慮しながら、多様な働き方に対応できる制度をつくるのが狙い。
厚労省は来年の通常国会で関連法案を提示する方向で調整する。


<今回の社労士受験キーワード>
労働政策審議会、労働時間規制、労働組合


学習のポイントを読む

posted by 社労士KAZU at 16:44 | Comment(0) | TrackBack(3) | 労働基準法

2006年10月03日の社労士関連記事

減らないサービス残業

10月3日(火) 朝刊 42面

<記事の内容>
サービス残業で労働基準監督署から是正指導を受け、2005年度に100万円以上の未払い残業代を支払った企業が過去最多の1524社となったことが2日、厚生労働省のまとめでわかった。
未払い総額は232億9500万円で、前年度より約7億円増えた。同省は「サービス残業への関心が高まり、労基署などに情報提供が増えている」としている。


<今回の社労士受験キーワード>
サービス残業

学習のポイントを読む

posted by 社労士KAZU at 18:28 | Comment(0) | TrackBack(1) | 労働基準法

2006年09月25日の社労士関連記事

パートタイマーも有給休暇を取得できる

9月25日(月) 朝刊 21面

<記事の内容>
労働基準法では「雇い入れ日から起算して6ヶ月継続勤務し、所定労働日の8割以上出勤した労働者には、10日間の年次有給休暇を与えなけらばならない」と定めている。
「労働者」のなかにはパートも含まれる。違反すれば罰則もある。

退職目前のパートに「有休が残っており明日から出勤しない」と突然言われる例も目立つという。
労基法では「請求された時期に有休を与えることが事業の正常な運営を妨げる場合は、他の時期に与えられる」と定めているが、「退社予定日を越える時期変更はできない」との労働基準局通達もありこのパートの要求は認めざるをえない。


<今回の社労士受験のキーワード>
年次有給休暇

学習のポイントを読む

posted by 社労士KAZU at 19:43 | Comment(0) | TrackBack(1) | 労働基準法

2006年09月23日の社労士関連記事

退職に備えた資金計画 退職金編

9月23日(土) 朝刊 15面(NIKKEIプラス1)

<記事の内容>
キャリアアップや資格取得を目指し会社を辞める。
転職先が決まっていれば問題は少ないが、しばらく無職になるのなら資金面での備えは重要だ。

もらえるお金としては、まず勤務先の退職金。
退職金は一般的には勤務年数などに応じて決まる。


<今回の社労士受験のキーワード>
退職金


学習のポイントを読む

posted by 社労士KAZU at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 労働基準法

2006年09月18日の社労士関連記事

年棒制でも残業代をもらえるか?

9月18日(月) 朝刊 18面 

<記事の内容>
給与を年額で定める年棒制は法律で明確に定義されておらず続きを読む

posted by 社労士KAZU at 10:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 労働基準法

2006年09月12日の社労士関連記事

雇用ルール議論 数値目標削り原点回帰

9月12日(火) 朝刊 5面

<記事の内容>
雇用ルール改革を話し合う労働政策審議会(厚生労働大臣の諮問機関)の労働条件分科会が11日開かれ、厚生労働省側が今後の議論のたたき台を示した。続きを読む

posted by 社労士KAZU at 07:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 労働基準法

2006年09月05日の社労士関連記事

労政審、素案白紙で再始動

9月1日(金) 朝刊 5面

<記事の内容>
柔軟な雇用ルールを話し合う労働政策審議会の労働条件分科会が約2ヶ月ぶりに再開した。6月に厚生労働省がまとめた改革素案に続きを読む

posted by 社労士KAZU at 04:47 | Comment(0) | TrackBack(2) | 労働基準法

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。