過去問題にチャレンジ!

次の文章は正しいか、誤りか?

任意継続被保険者の標準報酬月額は、変更されることはない。(健保:平成10年出題)


回答はこちらへ

2009年08月13日の社労士関連記事

失業保険の不正受給をした男が逮捕

平成21年8月13日(木) 朝刊 31面

<記事の内容>
逮捕容疑は、昨年5月から8月の間、別の男らとともに、実体のない東京都内の会社に雇用されたように装い、群馬県高崎市のハローワークに虚偽の書類を提出、失業保険約170万円をだまし取った疑い。

<今回の社労士受験キーワード>
失業保険、不正受給、ハローワーク

学習のポイントを読む

posted by 社労士KAZU at 09:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雇用保険法

2009年07月30日の社労士関連記事

職業訓練後の就職率、10ポイント下落

平成21年7月30日(木) 朝刊 39面

<記事の内容>
失業者の再就職につなげるための職業訓練を受けたのに、就職できないケースが増えている。
訓練校では前の年度より就職率が10ポイント落ちたケースもあり、関係者は「書類に頼らず『足を使った就職活動』を」と危機感を強めている。

<今回の社労士受験キーワード>
職業訓練、失業者、再就職、就職率

学習のポイントを読む

posted by 社労士KAZU at 09:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雇用保険法

2009年05月17日の社労士関連記事

雇用調整助成金の上乗せをする自治体あり

平成21年5月17日(日) 朝刊 5面

<記事の内容>
雇用の維持や創出を目指す助成制度を導入する地方自治体が増えている。
国の雇用調整助成金に独自に上乗せする自治体が2県10市町あることが分かった。

<今回の社労士受験キーワード>
雇用調整助成金、雇用保険ニ事業

学習のポイントを読む

posted by 社労士KAZU at 09:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雇用保険法

2009年05月15日の社労士関連記事

解雇なのに自己都合、相談相次ぐ

平成21年5月15日(金) 朝刊 39面

<記事の内容>
不況で多くの非正規労働者が職を失うなか、会社都合の解雇にもかかわらず離職理由を「自己都合」とされた、といった相談が支援団体などに相次いでいる。
失業給付が受給できなかったり、遅れたりすることもあり問題は切実。
厚生労働省が非正規労働者6万5000人に行った調査では、3分の1が「自己都合」扱いだった。
しかし都内になるハローワークの担当者は「調べてみると本当は会社都合にあたるケースも多い」と明かす。

<今回の社労士受験キーワード>
離職理由、自己都合、失業給付

学習のポイントを読む

posted by 社労士KAZU at 09:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雇用保険法

2007年09月14日の社労士関連記事

日雇い派遣労働者に失業手当を支給

9月14日(金) 朝刊 42面

<記事の内容>
厚生労働省は13日、これまで雇用保険が適用されなかった日雇い派遣労働者にも、一定の条件を満たせば失業手当を支給することを決めた。
雇用保険制度の創設時に想定外の労働形態であった日雇い派遣労働が普及してきた現状を考慮し、労働者の安全網を拡大する。
日雇い派遣労働者に新たに適用させるのは「日雇労働求職者給付金」。


<今回の社労士受験キーワード>
日雇労働求職者給付金


学習のポイントを読む

posted by 社労士KAZU at 00:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 雇用保険法

2007年07月07日の社労士関連記事

雇用保険の電子申請ソフトに欠陥発覚

7月6日(金) 朝刊 39面

<記事の内容>
雇用保険の申請などができる厚生労働省の電子申請・届出システムを使用する際に必要なソフトウェアに欠陥があり、システム利用者がインターネットに接続すると情報が流出する恐れのあることが5日分かった。
同省は6月下旬に内閣官房情報セキュリティセンターから指摘を受けたが、利用者に注意喚起しないまま放置していた。


<今回の社労士受験キーワード>
雇用保険、厚生労働省、電子申請


学習のポイントを読む

posted by 社労士KAZU at 00:38 | Comment(0) | TrackBack(1) | 雇用保険法

2007年06月16日の社労士関連記事

英会話のNOVA、教育訓練給付の指定講座から取り消し処分

6月16日(土) 朝刊 3面

<記事の内容>
英会話学校最大手の「NOVA」が経済産業省から一部業務停止命令を受けた問題を受け、厚生労働省は15日、NOVAの講座を教育訓練給付金の支給対象から外すことを決めた。
NOVAの受講者には1999年10月の指定以来、約160億円の給付金が支給されており、厚労省によると、支給総額で過去最大規模の取り消し事例となる。


<今回の社労士受験キーワード>
厚生労働省、教育訓練給付金


学習のポイントを読む

posted by 社労士KAZU at 19:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雇用保険法

2007年05月15日の社労士関連記事

ハローワークの市場化テストを実施

5月10日(木) 朝刊 3面

<記事の内容>
9日の経済財政諮問会議(議長・安倍晋三首相)で、厚生労働省はハローワーク(公共職業安定所)の無料職業紹介について市場化テストを実施すると表明した。
官民で競争し、民間が優れていると判断されれば民間の参入を認める。
職業紹介は厚労省が一貫して国の関与の必要性を主張してきた中核事業で、官業の民間開放の試金石となる。


<今回の社労士受験キーワード>
厚生労働省、公共職業安定所、市場化テスト


学習のポイントを読む

posted by 社労士KAZU at 07:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雇用保険法

2007年04月11日の社労士関連記事

改正雇用保険法、参院委で可決される

4月11日(水) 朝刊 5面

<記事の内容>
参院厚生労働委員会は10日、労使が負担する保険料率の引き下げなどを盛り込んだ雇用保険法の改正案を可決した。
11日の参院本会議を経て最短で12日の衆院本会議で成立の見通し。


学習のポイントを読む

posted by 社労士KAZU at 23:32 | Comment(1) | TrackBack(0) | 雇用保険法

2007年03月30日の社労士関連記事

改正雇用保険法、凡ミスで施行遅れ

3月30日(木) 朝刊 5面

<記事の内容>
失業手当向けの保険料率引下げを盛り込んだ改正雇用保険法の成立が4月11日以降にずれ込む見通しとなった。
本来は29日午前の参院厚生労働委員会で採決し、夕方の参院本会議で成立する予定だった。
だが厚生労働省の資料配布ミスに野党側が猛反発し審議ができなかった。
厚労省は4月1日を予定していた施行日を凡ミスで変更せざるを得ず、担当幹部の処分を検討中だ。


<今回の社労士受験キーワード>
改正雇用保険法、厚生労働省


学習のポイントを読む

posted by 社労士KAZU at 10:01 | Comment(1) | TrackBack(0) | 雇用保険法

2007年02月17日の社労士関連記事

雇用保険の加入条件緩和、非正規社員の加入促進を検討

2月16日(金) 朝刊 5面

<記事の内容>
厚生労働省は2007年度から、雇用保険の加入条件を緩和し、非正規社員も入りやすくするための検討を始める。
複数の職場での労働時間を合算できるようにし、フリーターなども入りやすくする。


<今回の社労士受験キーワード>
厚生労働省、雇用保険、非正規社員


学習のポイントを読む

posted by 社労士KAZU at 05:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雇用保険法

2006年11月30日の社労士関連記事

雇用保険の給付制度、大幅見直し

11月30日(木) 朝刊 5面

<記事の内容>
厚生労働省は失業手当の原資の雇用保険制度で、給付制度を大幅に見直す方針を固めた。
30日の労働政策審議会(厚労相の諮問機関)雇用保険部会に素案を示す。


<今回の社労士受験キーワード>
厚生労働省、雇用保険制度、労働政策審議会


学習のポイントを読む

posted by 社労士KAZU at 20:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雇用保険法

2006年11月01日の社労士関連記事

雇用保険の国庫負担、全廃検討

11月1日(水) 朝刊 5面

<記事の内容>
財政制度等審議会(財務相の諮問機関)は31日の会合で、失業手当などに充てる雇用保険の財源のうち4分の1程度を占める国庫負担について、全廃すべきだとの考えで一致した。
保険料の積立金残高が今年度予算で3兆3800億円にのぼるなど財政が健全なため、国の関与は不要と判断した。


<今回の社労士受験キーワード>
雇用保険 失業手当 国庫負担

学習のポイントを読む

posted by 社労士KAZU at 10:14 | Comment(0) | TrackBack(2) | 雇用保険法

2006年10月30日の社労士関連記事

失業手当、自主退職に制限を検討

10月30日(月) 朝刊 1面

<記事の内容>
厚生労働省は雇用保険制度の失業手当について、自主退職した人の給付を制限する方向で検討に入った。
失業手当を受け取るために必要な保険料を納める期間を、自主退職の場合は最低で、現在の6ヶ月から12ヶ月に延ばす案が有力。
短期間で自主退職して失業手当を受け取る方が有利との批判が出ていることに配慮する。


<今回の社労士受験キーワード>
雇用保険 失業手当 保険料納付期間

学習のポイントを読む

posted by 社労士KAZU at 17:59 | Comment(1) | TrackBack(5) | 雇用保険法

2006年09月24日の社労士関連記事

退職に備えた資金計画 失業給付編

9月23日(土) 朝刊 15面(NIKKEIプラス1)

<記事の内容>
キャリアアップや資格取得を目指し会社を辞める。
転職先が決まっていれば問題は少ないが、しばらく無職になるのなら資金面での備えは重要だ。

失業給付は退職前の1年間に6ヶ月以上雇用保険に加入していれば受給資格が得られる。


<今回の社労士受験のキーワード>
失業給付

学習のポイントを読む

posted by 社労士KAZU at 00:21 | Comment(0) | TrackBack(2) | 雇用保険法

2006年09月18日の社労士関連記事

失業手当受給 3年で複数回受給 19万人

9月18日(月) 朝刊 3面

<記事の内容>
雇用保険制度の失業手当を3年間で複数回受給した人は受給者全体の3.4%、19万4744人いることが続きを読む

posted by 社労士KAZU at 10:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雇用保険法

2006年09月15日の社労士関連記事

雇用保険 料率、来年度0.25ポイント下げ

9月15日(金) 朝刊 3面

<記事の内容>
失業手当の原資になる雇用保険の料率が、2007年度に0.25ポイント引き下げられることが確実になった。
厚生労働省が14日まとめた雇用保険の05年度決算で、雇用情勢の改善を背景に続きを読む

posted by 社労士KAZU at 06:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雇用保険法

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。