過去問題にチャレンジ!

次の文章は正しいか、誤りか?

任意継続被保険者の標準報酬月額は、変更されることはない。(健保:平成10年出題)


回答はこちらへ

2009年05月24日の社労士関連記事

厚生労働省、厚生年金の財政検証を公表

平成21年5月24日(日) 朝刊 3面

<記事の内容>
厚生労働省は原則65歳から給付される厚生年金が物価上昇分を加味した場合にどれだけ目減りするかを試算した結果をまとめた。
厚生労働省は2月、先行き100年程度の公的年金の財政状況を把握する5年に一度の財政検証を実施。

<今回の社労士受験キーワード>
厚生労働省、厚生年金、公的年金、財政検証

学習のポイントを読む

posted by 社労士KAZU at 09:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 厚生年金保険法

2009年05月02日の社労士関連記事

厚生労働省、厚生年金の給付水準50%割れの試算

5月2日(土) 朝刊 5面

<記事の内容>
 長期的な名目賃金上昇率の見通しが、従来の前提より0.5ポイント低下するだけで、将来の厚生年金の給付水準が49.98%となり、政府公約の50%を割り込むとの厚生労働省の試算が1日、明らかになった。
 賃金が伸びない場合や、過去の実績をこれから人口が減る日本にそのまま当てはめる試算では、物価や賃金の伸びに応じて年金給付を自動的に抑える「マクロ経済スライド」が働きにくくなり、31〜50年度に年金積立金が底をつく。

<今回の社労士受験キーワード>
厚生年金、給付水準、マクロ経済スライド


学習のポイントを読む

posted by 社労士KAZU at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(1) | 厚生年金保険法

2007年12月28日の社労士関連記事

厚生年金基金、13万7000人分の年金未払い

12月28日(金) 朝刊 1面

<記事の内容>
代表的な企業年金である厚生年金基金が、13万7000人分の年金未払いが発生していることが厚生労働省の調査で分かった。
同基金の年金を受け取る権利を持っている60歳以上の高齢者の5%に相当し、累計額は966億円に上る。
住所不明で通知が届かないなどの理由で、受給資格者が請求をしていないことが主因だ。


<今回の社労士受験キーワード>
厚生年金基金


学習のポイントを読む

posted by 社労士KAZU at 00:00 | 厚生年金保険法

2007年12月27日の社労士関連記事

社会保険料の延滞金、10億8800万円の徴収漏れ

12月27日(木) 朝刊 5面

<記事の内容>
社会保険庁は26日、厚生年金と政府管掌健康保険の保険料を滞納した企業に科す延滞金約10億8800万円を全国の社会保険事務局が徴収していなかったと発表した。
2005年1月から2006年12月末までの約2年間で、3337事業所への徴収漏れが発覚。
このうち3億2500万円は時効で徴収できない。


<今回の社労士受験キーワード>
保険料の滞納による延滞金


学習のポイントを読む

posted by 社労士KAZU at 00:00 | 厚生年金保険法

2007年12月13日の社労士関連記事

「消えた厚生年金」給付特例法が成立

12月13日(木) 朝刊 5面

<記事の内容>
給与から年金保険料を天引きされていたのに、企業が社会保険庁に納めていなかったため年金が受け取れない「消えた厚生年金」の救済法案が12日、参院本会議で全会一致で可決、成立した。
19日にも公布、施行される。
企業の事務処理ミスや横領が原因で、社保庁に納付記録がない人が救済される。


<今回の社労士受験キーワード>
「消えた厚生年金」給付特例法


学習のポイントを読む

posted by 社労士KAZU at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(1) | 厚生年金保険法

2007年11月05日の社労士関連記事

年金の離婚分割、3/4が女性からの請求

11月5日(月) 朝刊 5面

<記事の内容>
4月に始まった離婚による年金分割制度の請求が、9月までの半年で4049件あったことが社会保険庁の調べで明らかになった。
女性からの請求が3069件と全体の4分の3を占めた。


<今回の社労士受験キーワード>
年金の離婚分割


学習のポイント

posted by 社労士KAZU at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 厚生年金保険法

2007年10月25日の社労士関連記事

企業年金の未払い、1%のみ判明

10月25日(木) 朝刊 5面

<記事の内容>
転職した会社員の企業年金の資産を預かる企業年金連合会が受給資格者の約3割に年金を支給していなかった問題で、該当者の判明がわずか1%にとどまっていることが24日わかった。
転居などで連絡が取れなくなってしまっている人が多く、支給するために本人からの連絡を待つしかないという。
同連合会は専門委員会で対策の検討に乗り出したが、全容解明には程遠い状況だ。


<今回の社労士受験キーワード>
企業年金連合会


学習のポイントを読む

posted by 社労士KAZU at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 厚生年金保険法

2007年09月06日の社労士関連記事

企業年金で124万人分の未払い発覚

9月6日(木) 朝刊 1面

<記事の内容>
転職した会社員の企業年金の資産を預かる企業年金連合会は5日、60歳以上の受給資格者の約3割にあたる124万人に、本来支払うべき年金を支給していないと発表した。
未支給総額は累計で1544億円。
転居などで受給者に連絡が取れなくなったのが主因だが、「加入者からの請求が支払の前提」という連合会の方針も支給漏れ拡大につながった。


<今回の社労士受験キーワード>
企業年金の裁定

学習のポイントを読む

posted by 社労士KAZU at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 厚生年金保険法

2007年08月15日の社労士関連記事

社会保険庁、厚生年金基金と保険料納付記録の照合を行う方針

8月15日(水) 朝刊 5面

<記事の内容>
社会保険庁は、厚生年金基金の年金保険料の納付記録と、同庁で管理する記録の突き合わせを2008年度中に実施する方針を固めた。
687(05年度)の基金が提出した被保険者の記録と照合し、食い違いがないかを明らかにする。


<今回の社労士受験キーワード>
社会保険庁、厚生年金基金、年金保険料、被保険者


学習のポイント

posted by 社労士KAZU at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(1) | 厚生年金保険法

企業年金連合会、不動産開発に投資を開始

8月15日(水) 朝刊 1面

<記事の内容>
国内最大の民間年金基金の企業年金連合会は、2008年度から不動産の開発事業への投資を始める。
大手の不動産会社と組んで高層のオフィスビルや商業施設を新たに建設し、テナントから得る賃料収入で年金資産を増やす。


<今回の社労士受験キーワード>
企業年金連合会


学習のポイントを読む

posted by 社労士KAZU at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(1) | 厚生年金保険法

2007年07月27日の社労士関連記事

企業が行う年金記録照会に限界

7月27日(金) 朝刊 13面

<記事の内容>
社会保険庁の公的年金保険料の納付記録漏れ問題で、企業が対応に苦慮している。
現行制度では、各従業員から委任状をもらわない限り、社会保険事務所に記録照会などができないからだ。
企業の間では委任状なしで代理申請ができる制度を求める声が出ている。


<今回の社労士受験キーワード>
社会保険庁、公的年金保険料

学習のポイントを読む

posted by 社労士KAZU at 00:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 厚生年金保険法

2007年07月11日の社労士関連記事

厚生年金の特例法案、秋の臨時国会に提出へ

7月11日(水) 朝刊 1面

<記事の内容>
厚生労働省は10日、払ったはずの厚生年金保険料が企業の払い忘れや横領で「未納」となっている人にも年金を支給できるようにする特例法案を秋の臨時国会に提出する方針を固めた。
保険料を納めなかった企業から2年の時効を超えて徴収できるようにし、年金支給の原資を確保する。
倒産などで企業がすでに存在しない場合は旧取締役から徴収できるようにし、悪質な未納企業の責任追及も徹底する。


<今回の社労士受験キーワード>
厚生労働省、厚生年金保険料


学習のポイントを読む

posted by 社労士KAZU at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(1) | 厚生年金保険法

2007年06月26日の社労士関連記事

厚生年金の収支、黒字8兆円と大幅改善

6月26日(火) 朝刊 5面

<記事の内容>
厚生労働省は25日、2005年度の公的年金の財政状況を社会保障審議会(厚労相の諮問機関)年金数理部会に報告した。
厚生年金の収支(黒字額)は時価ベースで前年比259.4%増の8兆3267億円と、株高による運用収入の増加で大幅に改善した。


<今回の社労士受験キーワード>
厚生労働省、社会保障審議会、厚生年金


学習のポイントを読む

posted by 社労士KAZU at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(1) | 厚生年金保険法

2007年05月24日の社労士関連記事

厚生年金の未加入事業所、6万3000件

5月24日(木) 夕刊 1面

<記事の内容>
厚生年金への加入義務がある正社員を雇用しているにもかかわらず、全く制度に加入せず保険料も払っていない事業所が全国で6万3539件に達することが社会保険庁の調査で分かった。
このうち一部では社員の給与から「保険料」とし天引きしながら、それを厚生年金に納めずに横取りする悪質事業所が含まれているもようだ。


<今回の社労士受験キーワード>
厚生年金、保険料、社会保険庁


学習のポイントを読む

posted by 社労士KAZU at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 厚生年金保険法

2007年05月23日の社労士関連記事

企業年金の運用対象が多様化

5月23日(水) 夕刊 1面

<記事の内容>
企業の年金基金が運用手法を多様化している。
プライベート・エクイティ(PE)と呼ばれる企業買収ファンドや不動産、商品先物への投資を増やすところが目立つ。
運用対象を株式など伝統的な商品から移す「オルタナティブ(代替)投資」を推進、リスク分散と高収益の両面を狙っている。


<今回の社労士受験キーワード>
企業の年金基金


学習のポイントを読む

posted by 社労士KAZU at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 厚生年金保険法

2007年05月22日の社労士関連記事

離婚時の厚生年金分割制度の請求・受理件数、開始1ヶ月で293件

5月22日(火) 朝刊 38面

<記事の内容>
4月に始まった離婚夫婦が年金を分け合う「年金分割制度」の請求・受理の件数が、1ヶ月で293件だったことが社会保険庁の調査で21日、明らかになった。
受給額を調べるためのデータ請求は前月の1.5倍に急増した。


<今回の社労士受験キーワード>
年金分割制度、社会保険庁


学習のポイントを読む

posted by 社労士KAZU at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 厚生年金保険法

2007年03月30日の社労士関連記事

4月1日以降の厚生年金改正点

3月30日(木) 朝刊 5面

<記事の内容>
4月1日から公的年金制度が変わる。
離婚した夫婦が年金を分け合う「年金分割制度」がスタート。
このほか65歳以降の老齢厚生年金は受給開始年齢を自分の選択で先送りできるようになるなど、会社勤めをしている人が受け取る厚生年金の制度変更が中心だ。


<今回の社労士受験キーワード>
年金分割制度、老齢厚生年金、厚生年金


学習のポイントを読む

posted by 社労士KAZU at 10:37 | Comment(1) | TrackBack(0) | 厚生年金保険法

2007年03月11日の社労士関連記事

近親婚に遺族年金資格認められる

3月9日(金) 朝刊 42面

<記事の内容>
叔父と内縁関係にあった茨城県内の女性(67)が、近親婚を理由に遺族厚生年金を支給しないのは違法だとして、社会保険庁に付し旧処分の取り消しを求めた訴訟の上告審判決が8日、最高裁第一小法廷(泉徳治裁判長)であった。
同小法廷は「三親等の傍系血族間の内縁関係の場合、反公益性が著しく低ければ受給資格を認めるべきだ」との初判断を示した。


<今回の社労士受験キーワード>
遺族厚生年金、社会保険庁


学習のポイントを読む

posted by 社労士KAZU at 02:07 | Comment(0) | TrackBack(2) | 厚生年金保険法

2007年03月07日の社労士関連記事

パートへの厚生年金適用に対象者を絞り込む

3月7日(水) 朝刊 5面

<記事の内容>
厚生労働省の諮問機関である社会保障審議会の年金部会は6日、パート労働者の厚生年金の適用拡大に関する報告書をまとめた。
適用条件となる労働時間を今の「週30時間以上」から「20時間以上」に広げる一方、月収に条件を設けて対象者を絞り込む方針を明記した。


<今回の社労士受験キーワード>
厚生労働省、社会保障審議会、厚生年金



学習のポイントを読む

posted by 社労士KAZU at 18:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 厚生年金保険法

2007年02月26日の社労士関連記事

育児休業中の厚生年金保険料免除の適用増加

2月25日(日) 朝刊 3面

<記事の内容>
育児休業中に厚生年金保険料を免除された人の数が2005年度末時点で約9万7000人と、2004年度末に比べ約24%(1万9000人)増えたことが厚生労働省の調べで分かった。



<今回の社労士受験キーワード>
育児休業、厚生年金保険料、厚生労働省



学習のポイントを読む

posted by 社労士KAZU at 00:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 厚生年金保険法

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。