過去問題にチャレンジ!

次の文章は正しいか、誤りか?

任意継続被保険者の標準報酬月額は、変更されることはない。(健保:平成10年出題)


回答はこちらへ

2007年08月15日の社労士関連記事

厚生労働省、ネットカフェ難民の調査に乗り出す

8月15日(水) 朝刊 31面

<記事の内容>
日雇い仕事をしながらネットカフェで長時間寝泊りする「ネットカフェ難民」について、厚生労働省は初の実態調査に乗り出した。
秋までに結果をまとめ、新たな相談窓口の設置や就労支援など本格的な対策を始める方針。
ただどのような支援をするかを巡っては専門家から実効性を問う声も出ている。


<今回の社労士受験キーワード>
日雇い、ネットカフェ難民、厚生労働省、就労支援


学習のポイントを読む

2007年08月09日の社労士関連記事

最低賃金、全国平均で14円アップ

8月9日(木) 朝刊 5面

<記事の内容>
最低賃金の引き上げ幅を論議する中央最低賃金審議会の小委員会は8日、全国平均で時給14円の引き上げ(現行の時給平均673円)を目安にすると決めた。


<今回の社労士受験キーワード>
最低賃金、中央最低賃金審議会


学習のポイントを読む

2007年08月04日の社労士関連記事

フルキャスト、派遣法違反で事業停止命令

8月4日(土) 朝刊 3面

<記事の内容>
人材派遣大手のフルキャストが労働者派遣法で禁じられている港湾関連の業種に登録スタッフを派遣していたとして、厚生労働省は3日、違法派遣を行った神戸市内の3支店に対し2ヶ月、それ以外の全事業所約300ヵ所に対し1ヶ月の事業停止命令を出した。


<今回の社労士受験キーワード>
人材派遣、労働者派遣法、厚生労働省


学習のポイントを読む

2007年07月24日の社労士関連記事

ジョブカードの導入検討

7月24日(火) 朝刊 5面

<記事の内容>
政府は、フリーターなどの求職活動を支援するため、職業訓練の履修状況や職歴を記録する「ジョブカード」を2008年度に創設する方針を固めた。
職を探す人が求職前に企業で職業訓練を受けてその評価結果をカードに記載してもらい、その後の求職活動が円滑に進むようにする。


<今回の社労士受験キーワード>
職業訓練、ジョブカード


学習のポイントを読む

2007年07月01日の社労士関連記事

主要企業にて定年退職者の半数以上が再雇用

7月1日(日) 朝刊 1面

<記事の内容>
65歳までの雇用延長を定めた改正高年齢者雇用安定法が施行された2006年度に、主要企業が定年退職者の5割強を再雇用したことが日本経済新聞社の調べで分かった。
07年度も再雇用制度の活用は拡大する見通しで、「団塊世代」の大量定年で懸念される労働力不足を緩和する効果が期待できそうだ。


<今回の社労士受験キーワード>
改正高年齢雇用安定法、定年退職者、再雇用制度、労働力不足


続きを読む

2007年06月25日の社労士関連記事

日系の14歳、違法派遣

6月25日(月) 夕刊 23面

<記事の内容>
静岡県警外国人犯罪対策課と浜松中央署は25日午前、無許可で労働者を派遣したとして、労働者派遣法違反の疑いで浜松市中区海老塚1の人材派遣会社「AKMインターナショナル」などを家宅捜索した。


<今回の社労士受験キーワード>
労働者派遣法、人材派遣会社



学習のポイントを読む

2007年06月20日の社労士関連記事

面接テクニックマニュアル、島根労働局が配布

6月20日(水) 夕刊 23面

<記事の内容>
島根労働局(松江)の求職者向け再就職支援セミナーで「面接の際に給料、残業、休日について聞いてはならない」と記したテキストを参加者に配っていたことが20日、分かった。
島根労働局によると、テキストは2005年度から、ハローワーク島根(松江市)が主催するセミナーで使われていた「面接の受け方」。
労働局の委託を受けて都内の会社が作った。


<今回の社労士受験キーワード>
労働局


学習のポイントを読む

2007年06月16日の社労士関連記事

2007年版「障害者白書」が閣議決定

6月15日(金) 夕刊 3面

<記事の内容>
政府は15日の閣議で2007年版の「障害者白書」を決定した。
障害者を対象とした意識調査では就労や職場環境への不満が根強く、全体の約8割が就業を促す法整備が必要と回答した。


<今回の社労士受験キーワード>
障害者白書


学習のポイントを読む

2007年05月30日の社労士関連記事

4月の完全失業率、3.8%

5月30日(水) 朝刊 3面

<記事の内容>
総務省が29日発表した4月の完全失業率は3.8%となり、9年1ヶ月ぶりに3%台に低下した。
企業の人手不足感は強く、女性や若年の雇用改善が急ピッチで進んだ。


<今回の社労士受験キーワード>
完全失業率


学習のポイントを読む

2007年05月29日の社労士関連記事

在宅勤務の環境整備へ、行動計画立案

5月29日(火) 朝刊 5面

<記事の内容>
IT(情報技術)を活用して自宅や外出先で仕事をする「テレワーク」人口を倍増させる政府の行動計画が28日、明らかになった。
雇用保険を適用できる在宅勤務の対象を広げるほか、中小企業100社が参加して今秋にモデル事業を開始。
政府も2007年度中に全省庁で試験導入する。
少子高齢化が加速するなかで、女性や高齢者など「眠れる労働力」を活用しやすい環境を整える。


<今回の社労士受験キーワード>
テレワーク、雇用保険、少子高齢化


学習のポイントを読む

2007年05月25日の社労士関連記事

改正パートタイム労働法、可決

5月25日(金) 夕刊 2面

<記事の内容>
パート労働者と正社員の差別待遇を禁止する改正パートタイム労働法が25日午前の参院本会議で与党などの賛成多数で可決、成立した。
業務内容が正社員と同程度のパート労働者には、賃金などで正社員と平等な扱いを事業主に義務付けるのが柱。
安倍晋三首相が掲げる再チャレンジ支援の一環で、2008年4月1日から施行する。


<今回の社労士受験キーワード>
パート労働者、パートタイム労働法


学習のポイントを読む

2007年04月21日の社労士関連記事

紹介予定派遣の期間延長、日本経団連が提言

4月21日(土) 朝刊 5面

<記事の内容>
日本経団連は労働者派遣など雇用に関する規制緩和を急ぐように求める提言をまとめた。
正社員採用を決める前に派遣社員として一定期間受け入れる「紹介予定派遣」の期間延長などが柱。
景気回復などを背景に産業界では人手不足感が強まっている。
規制緩和をテコに、フリーターや主婦など潜在的に働き手を開拓する狙い。


<今回の社労士受験キーワード>
労働者派遣、紹介予定派遣


学習のポイントを読む

女性労働力増加傾向、女性労働白書より

4月21日(土) 朝刊 3面

<記事の内容>
厚生労働省は20日、「2006年版働く女性の実情(女性労働白書)」を発表した。
景気の回復による就業環境の改善を背景に、女性の労働力率は48.5%と2年連続で前年を上回った。
とりわけ結婚や出産・育児の時期に当たる25〜39歳の労働力率が上昇しており、世代別の労働力率をグラフで示した「M字カーブ」は改善の方向にある。


<今回の社労士受験キーワード>
厚生労働省、女性労働白書、女性の労働力率、M字カーブ


学習のポイントを読む

雇用関連法案、今国会での成立微妙

4月19日(木) 朝刊 2面

<記事の内容>
最低賃金引上げなど雇用ルール見直しに関する3法案の今国会での成立が微妙になってきた。
政府・与党が厚生労働省関連の法案で優先する社会保険庁改革法案の審議入りが5月の大型連休明けにズレ込むためだ。
社会保険庁改革法案は成立する公算だが、7月の参院選を控えて今国会の会期延長は難しい。
格差是正の目玉になる雇用ルール見直しに、しわ寄せが行く格好となっている。


<今回の社労士受験キーワード>
最低賃金法、厚生労働省、社会保険庁改革法案


学習のポイントを読む

60歳以上の雇用拡大

4月18日(水) 朝刊 1面

<記事の内容>
大手企業の間で60歳以上の人材を働き手として生かすための取り組みが広がってきた。
昨年4月に施行された「改正高年齢者雇用安定法」に対応した動き。
多様な選択肢を用意し「団塊の世代」の大量退職をにらんだ労働力の底上げにつなげる。


<今回の社労士受験キーワード>
改正高年齢者雇用安定法


学習のポイントを読む

2007年04月08日の社労士関連記事

労働市場改革案、就業率に数値目標を設定

4月6日(金) 朝刊 1面

<記事の内容>
日本経済の成長力を長期的に維持するため、政府の経済財政諮問会議(議長・安倍晋三首相)がまとめる労働市場改革案の内容が5日、明らかになった。
人口減少化でも成長基盤を保つのが狙いで、仕事と家庭生活の両立を促すため、年間労働時間を1割短縮する目標も打ち出した。


<今回の社労士受験キーワード>
労働同市場改革案、年間労働時間の短縮


学習のポイントを読む

2007年04月03日の社労士関連記事

求人募集の「年齢不問」が求人総数の半分に

4月2日(月) 朝刊 3面

<記事の内容>
企業が働く人を募集する際に「年齢不問」とするケースが増加している。
厚生労働省の調べによるとハローワーク(公共職業安定所)の求人のうち年齢制限をしない年齢不問求人の割合が2月、50%となった。


<今回の社労士受験キーワード>
厚生労働省、公共職業安定所


学習のポイントを読む

大手企業が女性の長期戦力化に制度整備

4月1日(日) 朝刊 1面

<記事の内容>
大手企業が女性を長期的な戦力として活用するための制度整備に乗り出した。
女性の労働参加を米国並に促せば労働力人口を400万人増やせる計算。
人口減少期の日本で労働力を確保する有力な手段となる。


<今回の社労士受験キーワード>
労働力人口


学習のポイントを読む

2007年03月30日の社労士関連記事

大手企業で育児休業支援制を強化

3月29日(木) 朝刊 9面

<記事の内容>
大手企業が4月から育児で休みを取る社員への支援を強化する。
休み中の収入源を和らげることで社員が休暇をとりやすい環境を整える。
政府の進める少子化対策を補完する動きともなる。


<今回の社労士受験キーワード>
育児休業


学習のポイント

2007年03月04日の社労士関連記事

正社員雇用、37万人増加

3月3日(土) 朝刊 1面

<記事の内容>
企業の正社員雇用回復が鮮明になってきた。
総務省が2日発表した2006年の労働力調査では、正社員数が前年比37万人増の3411万人と、02年の調査開始以来初の増加に転じた。


<今回の社労士受験キーワード>
正社員雇用、労働力調査


学習のポイントを読む

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。